難消化性でんぷん×乳酸菌を同時摂取で便秘が改善

何をやってもすっきりしない、便がカチカチ、どうしても改善したい人、ここに訪れてくれたことで便秘を解消して毎日を健やかに過ごせるようになっていただければ幸いです。

最近、糖質制限をする人が増えていますが、でんぷんを取らないと腸内細菌のエサが不足して便秘がちになってしまいます。

でんぷんには種類があり、消化しにくいもののほうが腸内細菌が喜びます。
低GI食品といわれるオーツ麦にもでんぷんは含まれているのですが、オーツ麦には難消化性でんぷんという消化しにくいでんぷんが含まれており、セルロースで包まれた消化しにくいでんぷんをビフィズス菌が食べてくれてくれるわけです。また、オーツ麦には、食物繊維が豊富に含まれていて便のカサをましてくれます。

オーツ麦はそのままでは、白米のようなふっくらモチモチとしたおいしさはありません。グラノーラなどにして甘くして食べたりもしますが、あまり砂糖などは加えずに食べた方が身体にはいいはずです。

えん麦のちからという、オーツ麦を原料にして作られた健康食品ですが、粉末になっており、同じく腸内細菌のエサとなるオリゴ糖を配合しながら、牛乳や豆乳などに混ぜて手軽に摂取することができます。
満腹感があるので、一食おきかえダイエットにもなって大変便利です。

しかし、なんらかの事情で、腸内細菌が激減していたり元気がないときには、えん麦のちからといっしょに、乳酸菌サプリを補うことをおすすめします。

えん麦のちからと乳酸菌の組み合わせは、理論上は最強の組み合わせですので、何をやってもすっきりしない方は一度、試してみることをおすすめします。